30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

サステナブル建築物等先導事業

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


緑と青空のコントラストって合いますね。


桜のピンクと青空のコントラストも好きですが、夏らしくて好きです。
(いや、もう秋か(*^_^*)


さて、本題。


注文住宅の分野では市民権を得てきたZEH制度。2018年度の今年は新たに「ZEH+」制度も誕生しました。


ZEHなどの補助金制度もあり住宅の高断熱化が普及し始めています。大手ハウスメーカーの利権構造を崩して、早く高気密化も進めて欲しい所ですね。


さて、住宅の補助金制度はZEH以外もあります。あまり知られていませんが国交省の「サステナブル建築物等先導事業」もその一つ。


サステナブルとは「持続可能な」という単語で、省エネ化という意味ではZEHと近い制度です。


ZEHは戸建て住宅のみで、マンションなどになるとZEBという制度になります。サステナブル事業は、住宅だけでなくいろいろな建造物が認定を受けることができます。


たとえば私が住む大阪・堺では、2009年に建築されたシャープの大規模な太陽光パネル工場がサステナブル事業に認定されています。


一般の戸建てでも認定を受けることができLCCM住宅部門の認定が多いようです。2018年の第一募集では1147戸が応募し752戸が採用されています。


LCCMとはライフ・サイクル・カーボン・マイナスの略で、要するに二酸化炭素を減らそうということです。


ZEHは補助金が70万。
ZEH+は115万。


サステナブル住宅の補助金は上限がなんと300万円\(^o^)/
まあ、上限いっぱいの補助金をもらえるお家は少ないと思いますが。


例えば、くろーばー家の仕様で建てると150万ぐらいの補助金になるかと思います。


ZEH同様に登録している建築会社で採用枠が決まっているので、サステナブル住宅の認定を目指してみたい方は建築会社さんに相談してみてください。


ZEHと異なるのは、古い住宅と高性能住宅のちがいを比較するため、毎日の血圧測定があったり、光熱費の提出などがあったりと、住んでからの手間がけっこうあること。


こうしたデメリット許容できれば補助金額も大きいので目指されても良いかもしれませんね。
くろーばー個人としては、こういうの大好きなのでデメリットになりません・・いや、むしろやりたい(*^_^*)


一応、大手ハウスメーカーでも採用枠はもっているところもあるようですが、絶対数が少ないので地域の工務店さんの方が採用される確率は高いと思います。


これからお家を建てられる方はZEHとともに、いちど検討してみても良いかもしれませんね。


参考にサイトのリンクを載せておきます。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。