30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

太陽光売電【7月発電分】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


暑さもピークを越えてきましたね。
皆さん、お住まいの地域ではいかがでしょうか。


大阪では朝晩がめっきり涼しくなってきました。就寝時は扇風機すらいらない日もあるほどです。


日中はまだまだ暑く、職場ではエアコンをガンガンに入れています。
・・日射遮蔽したい(*^_^*)



先日、妹夫婦がマンションを買うということで参考に我が家を見にきました。


妹夫婦は現在もマンション住まいです。参考になるところも限られていますが、いろいろ伝えておきました。


マンションは気密性も良いし、一戸建てに比べると冷暖房スペースも多くないので光熱費も一般的には安めです。


が、それでも我が家の光熱費を見てビックリしていました。良い住まいになることを祈っています。



さて、我が家の7月分の太陽光売電について。


我が家の太陽光発電に関するスペック
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
位置・・大阪
方角・・南向き
障害物・・なし
屋根勾配・・6寸勾配
製品・・京セラ「エコノルーツ」
容量・・3.52kw(220w×16枚)
電力買取単価・・28円/kw
電力買取制度・・2017年度FIT(余剰買取)
パネル設置時期・・2017年8月
☆★☆★☆★☆★☆★☆★



7月(発電分)の太陽光売電は、1万220円でした。



6月(7月検針)の発電が悪かったので復活ですね。まずまずの発電量です。


これで太陽光売電を始めた2月(発電は1月)からの7か月間の売電金額の合計は、6万7788円となりました。


発電量の合計は2056kw。


単純にこの7か月を12か月分に換算すると、
3524kw。
11万6208円。
という計算になります。


・・・ホントに当初のシミュレーション通りですね(*^_^*)


太陽光の搭載量が3.52kwだったので当初シミュレーションは、3520kwの発電量の予想でした。


・・誤差わずか4kw(゜o゜)
あ、でも自家消費分があるからシミュレーションより高い発電量になるのか\(^o^)/


さてさて、のこり5か月の発電がどうなりますか。


一般的には台風をのぞけば秋空で晴れの日が多い季節です。
発電を楽しみにしたいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。