30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

YKKが画期的な窓を開発しました。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


さて、今日は窓のお話。


YKKが画期的な窓枠を開発しました。フレームⅡという商品です。




驚くべきことに何と耐震性能をあわせ持つ窓(枠)なのです。何だか2×4の構造に似ていますね。


窓というのは柱や壁とは違って耐震力としては0です。そのため、大開口の窓を設けるのは特に木造住宅では難しいのです。


6面体のサイコロの1面が開口部のままだと、サイコロを抑えると潰れてしまいます。
しかし、開口部に枠を設けてやると格段に強度が増すという仕組み。



門型と口の字型の二種類があり、壁倍率は1.2倍程度。


2✖4耐力壁の3倍とか5倍に比べると弱いながらも、窓を設けた部分に壁量をカウントできれば、壁の配置も工夫しやすいのではないでしょうか。


今回YKKが耐震性をあわせ持つ開口部のフレームを開発したことによって、南面に大開口を設けた家づくりも可能になります。


特に2✖4のように開口部に制限がある工法にとって朗報ではないでしょうか。





この工法ではYKKのAPW330を採用できるので、耐震性能&断熱性能が実現しやすくなり、さらには大開口の室内をもうけやすくなります。



もともとリフォーム用の商品として開発されたらしいのですが、新築でも応用できますね。


建材がどんどん進化しています。これから家づくりをされる方は羨ましい限りです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。