30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

断熱材の断熱性能 熱伝導率の一覧表

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


以前に熱貫流率の一覧表を、窓、玄関ドアで作成しました。
今回は断熱材の熱伝導率について一覧にしたいと思います。


「我が社は〇〇の断熱材を使っているので高性能です。」
建築会社の営業マンがよく使うセリフですが、実際どうなのでしょうか。


熱伝導率を見れば断熱材の性能は一目瞭然です。


営業マンがいい加減なことを言っているなと思ったら、熱伝導率はこの表に書いていますが断熱性能は大丈夫ですか?


断熱材の厚みは何mmですか?熱抵抗値はいくつですかと聞いてみて下さい。


きちんと説明できる営業マンや設計担当は非常に優秀な方です。
・・熱抵抗値は営業マンではちょっと難しいかと思いますが(*^_^*)


断熱性能は断熱材の「熱伝導率」と「厚み」のかけ算で決まります。詳しくは「熱抵抗値」の記事をごらんください。


ということで、断熱材の熱伝導率について、一覧にまとめてみました。


調べると断熱材の熱伝導率についての一覧は出てくるのですが、ほとんど分類別になっていて商品名などではないんですよね。


「ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板」とか、「フェノールフォーム保温板1種2号」とか表記されても私たちには分からないですよね(^_^;)


ということで、分かりやすくするために商品名や商品名に近い名称で表記しています。
熱伝導率の数値が低いほど性能の良い断熱材です。下にいくほど断熱性能の高い断熱材となります。


以下、断熱材の熱伝導率の一覧です。
(単位はW/mK)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
吹付ロックウール     0.064
吹込用グラスウール13k 0.052              
グラスウール10k    0.050
グラスウール16k    0.045


吹込み用グラスウール   0.040
セルローズファイバー   0.040
アイシネン        0.038
グラスウール24k    0.038
ロックウール       0.038
モコフォーム       0.038
高性能グラスウール16k 0.038


EPS(2号)      0.037
グラスウール32k    0.036
高性能グラスウール24k 0.036
EPS(1号)      0.036
アクアフォーム      0.036
フォームライトSL    0.036
高性能グラスウール32k 0.035
EPS(特号)      0.034


カネライトフォーム    0.028
スタイロエース      0.028
フォームライトSL‐50α    0.026
アキレスボード      0.024


キューワンボード     0.021
アクアフォームNEO   0.021
ネオマフォーム      0.020
フェノバボード      0.019
ジーワンボード      0.018
ネオマゼウス       0.018
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



断熱材の熱伝導率について、ざっとまとめてみました。
これらの数値を手掛かりに、快適なお家づくりが進みますように祈っています(^o^)/


「一覧にこれも加えて!」という断熱材がありましたら、コメントで教えて下さい。
よろしくお願いします。



*近年、断熱材の国際基準(?)に合わせるために、アイシネンやアクアフォームといった吹付断熱材の熱伝導率が0.040と表記されるようになったようです。今回は以前までの表記にしてあります。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。