30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

泉北ホームで高気密高断熱なマイホームを新築するブログ 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・ハニカムシェード

耐震について⑤ 免震

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


耐震、そして制震について記事にしました。
今日は、免震についてです。


免震とは、地震によっておこされた揺れを建物に伝えない仕組みのことです。


具体的には、車のタイヤのサスペンションのように、揺れを吸収するゴムのような建材を地面と建物の間に入れて、建物に揺れが伝わらないようにします。



非常に大掛かりな装置になるため、一般的な戸建て住宅で採用されることはありません。


ほぼ唯一、一条工務店の一部の商品で採用することは出来るようですが、非常に多額の費用がかかります。


一般的なサイズの戸建てを免震住宅にするには、200~300万ほどかかると言われています。


ちょっと厳しいですね。


これなら、梁勝工法にして、耐震等級3にして、制震機能もつけても、まだ多額のお釣りがきますね。


なので、一戸建てでは免震住宅にするのは難しいと思われていたのですが、近年、このような商品が販売されています。




難しい施工は必要なく、今まで土台の下に施工していた基礎パッキンを、


このUFO-Eに変えるだけです。


費用は20~50万ほど。
従来の免震住宅の10分の1に近い費用で免震機能を持たせることが出来ます。


阪神大震災クラスの800galの揺れを400galまで軽減させることが出来るそうです。
これも、これから家づくりを考えられる方には十分おススメできる商品ですね。


どんどん家づくりも進化していきますね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。