30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

5月の太陽光売電

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


6月(5月発電分)の太陽光パネル売電金額が確定しました。


我が家の太陽光発電に関するスペック
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
位置・・大阪
方角・・南向き
障害物・・なし
屋根勾配・・6寸勾配
製品・・京セラ「エコノルーツ」
容量・・3.52kw(220w×16枚)
電力買取単価・・28円/kw
電力買取制度・・2017年度FIT(余剰買取)
パネル設置時期・・2017年8月
☆★☆★☆★☆★☆★☆★




426kwの発電で、1万1928円の売電金額でした。


実はこの発電量。4月(3月発電量)とまったく同じでした。



4月・5月は雨や曇りが多く、発電がいまいちだったようです。むしろ4月(3月発電分)の天気が良すぎたのかもしれませんが(*^_^*)


2月(1月発電分)から6月(5月発電分)の5か月分の売電価格が確定しました。
トータルで4万8636円。単純にこれを1年換算すると、11万6726円。


太陽光パネルの経年劣化を考慮しても、当初予定どおりの10年で元が取れる計算です。


といっても固定買取制度が余剰は10年なので、そのあとは自家消費または、1kw10円ほどと予想されている低価格の売電価格です。


自家消費をメインにする方向になるでしょう。


エコキュートを昼間の給湯設定にするか。
あるいは蓄電池を購入するか。


10年後の社会情勢から考えたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。