30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

泉北ホームで高気密高断熱なマイホームを新築するブログ 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・ハニカムシェード

大手ハウスメーカーを私はお勧めしません!

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


過激なタイトルからのスタートです(*^_^*)


大手ハウスメーカーで建てられた方にとっては、不快に思われるかもしれません。
ですが今回の記事では本音の部分を書いていこうと思います。


家を建てるまでに約2年。建ててから半年。
家づくりについて自分なりに勉強してきました。


特に、「冬暖かく、夏涼しい」家づくりについて学んできたおかげで、高気密・高断熱・換気・耐久性・メンテナンスなど、大切なことを多く知ることが出来ました。


我が家は延床31坪。4人家族です。


最強寒波が来た今年の冬でも、光熱費は月に最大で1万2000円。
これは全館暖房風に24時間連続エアコン運用しての光熱費です。


3月は8000円ほどでした。


家のサイズ、家族構成、3月、大阪周辺、という同じ条件で鉄骨系大手ハウスメーカーのお家を調べていると、光熱費が2万円、3万円のお家がごろごろしています。


我が家の2倍とか3倍の光熱費です。


我が家の1年間の光熱費が約8万円になる予定です。


つまり、2倍も3倍も光熱費を支払っている大手鉄骨系ハウスメーカーのお家だと、
年間に20万も多く光熱費を支払うことになります。


これが30年で600万。
50年だと1000万円の差になります。


1000万円ですよ!!光熱費だけで。
もうね。平凡サラリーマンにはまったく理解できないのです。


建築費用も35坪サイズで、1000万ほども高いです。
耐久年数も我が家に劣る建材がごろごろ。


一生涯のライフプランで考えると、2000万も3000万もの差がでるわけです。
しかも冬寒いのでヒートショックの可能性も高く、健康被害も間違いなく出る。


尊敬するパッシブハウスジャパンの設計士・神崎先生が、良い家づくりを広めたいというお気持ちがよく分かりました。


数千万も支払って、地球環境に悪く、家族に家計の負担を押し付け、住む者に健康被害を与え。


いったい何がしたいのか、さっぱり分かりません。


この記事を書こうと思った直接のきっかけは、実家のご近所の方が大手ハウスメーカーで建て替えをされることにあります。


その方が大手ハウスメーカーで建てられる理由はただ一つ。


「大手は信頼できるから。」


だそうです。


大手ハウスメーカーの欠陥住宅なんて、山ほど知っています(^_^;)
(大手に限らない話ではありますが)


2000万も3000万も余分に建築費用をくろーばーに与えてもらったら、
日本最高のパッシブハウスを大阪に建てますね。


日射取得バッチリの土地を用意して、設計に神崎先生や松尾先生、森みわさん、西方先生をお呼びして・・完全無暖房住宅を完成させますよ(*^_^*)


人によって何にお金をかけるのも自由ですし、それに見合う価値があるのなら良いのです。


でも、費用に見合う住宅性能が大手ハウスメーカーにありますかね。
(一条工務店を除く)


その値打ちが自分にはよく分かりません。
誰か教えて下さい(>_<)


デザイン性が良い、ステータスだから、と言われたらそれまでですが(^_^;)



はい。


今日は全棟数の2割を占める大手ハウスメーカーで建てた方を敵に回すような過激な発言でした。


でもね、日本の住宅性能は本当に遅れているのです。
技術立国の日本で、住宅の断熱性能は欧米はもちろん、中国や韓国にすら遠く及ばないのです。


この事実に気づいている方が日本にどれほどいらっしゃるのでしょうか。


いまだにアルミの窓を使っている国、日本。


パッシブハウスやR2000住宅という基準が欧米にはあります。Ua値で0.4とか、0.2とか、そういうレベルです。


「日本ではUa値0.6のZEHを目指します。これは、『努力目標』です!」
・・と国際会議で発言して、失笑を買った国が日本です。


そんな国の住宅棟数の2割を占めているのが、現在の大手ハウスメーカーです。


アルミの窓サッシを使っているメーカーは、殺人罪に問うべきだと言われる温熱環境のプロもいらっしゃいます。


事実、ヒートショックで亡くなる方が多いのです。年間で万を超える数です。


一条工務店やスウェーデンハウスをのぞいて、半樹脂でお茶を濁しているのが大手ハウスメーカーです。


この現状を打破するのは施主が勉強するほかありません。


大金をはたいて、光熱費のかかる、夏暑く・冬寒い、ヒートショック死を起こし、アレルギー疾患の多い、壁内結露の恐れのある、自然環境に悪い、そんなお家を建てたい方は、どうぞ大手ハウスメーカーでお建て下さい。


私は、自分も、自分の家族も、自分の身近な人たちにも、幸せになって欲しいと願っています。経済的にも健康面でも。


私は自分の近しい方には大手ハウスメーカーはおススメしません、絶対に。
(一条工務店を除く)


ブログをお読みの方には、良い家づくりをして欲しいと心から思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。