30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

入居宅訪問に来て頂いたYさんの感想【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


今月、我が家に入居宅訪問に来て頂いたYさんご家族。
断熱や気密、換気など、熱心に家づくりについて勉強されておられます。


くろーばー家で体感して頂いた感想をYさんにお願いしたところ、快く感想を送って下さいましたので、ご紹介したいと思います。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


くろーばー宅入居宅訪問で一番やってみたかったのが、
アトラクション化しつつある負圧体験でした。


高断熱ドア「イノベストD50」


このドアが分厚くて重厚感がありいかにもって感じが凄くかっこいいドアで、
くろーばーさんが説明して頂いてる時心の中では
これがあのドアかとブログの内容を思い出しながら聞いていました。


イノベストD50 の開閉感は、
高級車のドアのような重たさと気密感を感じました。


実際にスイッチをONにすると、吸い付いてるような感じで、
今までの力で開こうとすると全く動かない。


噂通りの変化にびっくりしました。


妻は両手でなんとかドアを開けていましたが、
子供は開けれないかもしれないですね。


恐るべしC値0.293(汗)


(後略)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


Yさん、ありがとうございました。


アトラクション(*^_^*)


予算削減のため、同時吸排気型のレンジフードや、(レンジフードの)電動シャッターを仕分けしたという、むしろダメな見本なのでお恥ずかしいところです(^_^;)


でも、気密は目に見えない所なので、目に見える形で気密を意識できるのは良かったかもしれません。
(平凡サラリーマンのお前は何を目指しているのだというツッコミはなしで(*^_^*)


Yさんが書いて下さっているように、トリプルガラスが入っているイノベストは、通常のドアに比べて少し重いです。


特に我が家のイノベストはガラス面が一番大きい種類なので、イノベストの中では最も重いタイプになるのかもしれません。


重さの感覚は人それぞれだと思うので、イノベストを検討される方はYKKのショールームで試されるのが良いと思います。


これはAPW330真空トリプルガラスの掃き出し窓も同じくです。


滑り出し窓は大丈夫ですが、掃き出し窓のように大きい窓だと人によっては重く感じる人がいるかもしれません。


APW430大開口スライディング窓だと、開閉の重みはかなり軽減されているそうです。


この辺りも人によって感じ方が異なると思うので、ショールームで体感しておくと良いですね。


通常のYKKショールームで置いていない場合は、プロ用ショールーム「P-ATAGE」に行くと置いてあるかと思いますので、泉北ホームなど建築会社さんに相談してみて下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。