30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

太陽光の発電

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


太陽光パネルがご機嫌です♪


我が家の太陽光パネルは、京セラ製・220wパネルが16枚。合計3.52kwです。
まだ2月で太陽高度も低いのですが、良い感じで発電してくれているようですね。



太陽光パネルの最も発電効率の良い角度は約30度。屋根勾配でいうと、およそ6寸勾配になります。


我が家は日射遮蔽と同時に、この太陽光パネルの最適勾配を考慮して、南面の屋根を6寸勾配にしています。

*建築時の画像



南向き、6寸勾配、遮蔽物なし、パワコン容量にも余裕ありと、好条件がそろっているので、1年トータルでしっかり発電を頼みます(^o^)/


普通、5~6kwでゼロエネ住宅になるのですが、我が家は3.52kw。これでゼロエネ、欲を言えばプラスエネ住宅になれば良いなと思っています。


尊敬する福井の設計士・神崎先生からは、それでゼロエネになるのかと、日射取得量の多い大阪の条件の良さに驚かれたことがあります。


大阪は、北海道や東北、北陸からすると、ぬるい温熱の環境なのでしょうね(^_^;)


なにせ大阪ではheat20のG2以上の我が家でも、東北にいけばG1グレードにも満たなくなりますから。


地域区分3地域のG1グレードは、Ua値0.38。我が家は0.39で一歩届かない(^_^;)


ともあれ大阪ではエコな(建築費用的にも)住宅になったものです。我が家の建築に携わって頂いた全ての方に感謝しています。



さて、明日から3月に入りますね。


以前から書いてきたように当ブログは、3月末をもって更新を終えたいと思います。


冷房期の住み心地

春・秋の住み心地


などは、いずれ書こうと思いますが。


それでは。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。