30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

冬に寒い家

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


今年の冬は最強寒波による厳しい寒さが続きますね。


大阪で建築した「Ua値0.39」、「C値0.29」の我が家。
高気密・高断熱住宅を昨年のうちに建てておいて良かったと心の底から思います。


家に入ると寒さとは無縁で季節が冬だということを忘れそうになります。玄関トビラを開けた瞬間に思い出しますが(*^_^*)


冬に寒い、というお家にお住まいの方。
ヒートショック対策として、入浴する前に十分に浴室・脱衣室を暖めておいてください。


この厳しい寒さでヒートショックを起こし、亡くなる方は少なくないはずです。十分に対策をとってください。


そして、そのような低気密・低断熱な住宅が日本からなくなることを祈ります。


どうも、この最強寒波の影響によって断熱・気密に関しての検索が増えているようです。当ブログのアクセス数も増える一方です。


気密・断熱のプロたちからすると大したことのない拙宅ですが、


間取り
建築費用
断熱仕様
建材


といったものを全て公開しているので、これから家づくりを検討される方はぜひ、過去の記事からご覧になってください。


拙いブログ内容ですが、少しは「冬暖かく」、「夏涼しい」お家になるヒントが見つかるはずです。


現在、大阪では最低気温が0℃前後の日が続いています。


延床31坪・2階建ての我が家。


21℃に設定した14帖用エアコン1台で、35畳ほどある1階すべての暖房を賄うことができます。


各部屋の扉はすべて開けているので部屋間の温度差はほとんどありません。


階段を通じて暖気が2階に上るので、エアコンを点けていない2階も温度差はあまり感じません。


半袖Tシャツではちょっと寒いですが、シャツにトレーナーぐらいの服装で過ごせます。


快適すぎて、仕事で疲れて帰宅すると、そのままソファで朝までグッスリという事が1度や2度ではありません(^_^;)

(最低気温0℃前後の日)


エアコンの24時間暖房を行っているので1日中、暖かさが持続しています。


また24時間暖房によって、壁、床、家具などに熱が帯び、輻射熱によって快適性が増しているように思います。


これで1か月の光熱費が1万円をきります。(オール電化住宅なのでガス代はなし)


寒さが厳しいため1月の電気代は12月より上がると思いますが、今の所の使用電気量をみると、1万と数百円ほどです。

※4人家族・家族は日中在宅・延床31坪・2階建て・日射取得は少なめ


大手ハウスメーカーで建てるよりはるかに安い建築費用で、一生続く光熱費を安くし、しかも快適。ヒートショックも起こり得ない健康住宅。


これからお家づくりを検討される方には、そんなお家を目指して欲しいと心から願います。そんなに難しいことではないので。


私の実家は、夏暑く、冬寒い、という高気密・高断熱とは全く真逆のお家でした。しかも、坪単価80万以上の大手ハウスメーカー製で、です。


夏になると夜9時になっても室温が35℃を超えたまま。エアコンを常時つけっぱなしでないと、とても眠れない。


冬場は外出時に着るコートを室内で着ないと廊下も歩けない寒さ。


エアコンでリビングの室温を上げることはできますが、足元が寒すぎるのでガスファンヒーターとの併用。


そのため月々の光熱費が5万円を超えることもありました。住宅ローンの支払い額じゃないですよ。光熱費が月に5万円です。


そんなお家は建てないで下さい。
そんなお家に大切な家族を住まわせないで下さい。
そんなお家をつくるような住宅メーカーに家づくりをさせないで下さい。


皆が、快適で、健康的で、経済的なお家に住まわれることを祈っています。



大寒波の中、暖かく過ごせる幸せをかみしめています。我が家の建築に携わって頂いた全ての皆様に感謝しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。