30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

大阪でマイホームを新築するブログ 2017年5月着工。10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

シーリング剤について考える ~スーパーKMEWシール~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。


「住宅の未来」を考える、くろーばーです。
(かっこよく書いていますが、メンテナンスのことです(*^_^*)


さて、戸建て住宅のメンテナンス費用は、
以下のポイントが大事だと先日、ご紹介しました。


①外壁・シーリング
②屋根
③ベランダ・バルコニー
④防蟻処理
⑤水回り



前回に続いて、①外壁・シーリング について、考えていきますね。



外壁どおしの隙間を埋めるのがシーリング剤でした。


通常、シーリングは劣化が早く、10年ほどで打ち直す必要があります。


そこで、より耐久性の高いシーリング剤が望まれていました。


そこで近年、KMEWが開発したシーリング剤が、


「スーパーKMEWシール」


です。






シーリングのひび割れを、30年起こさないとのことで、
従来の数倍の性能を持っている・・とのことです。


疑い深いくろーばーとしては、本当に30年も持つのか、
若干、疑うところもあるのですが、試験はクリアしているようです。


KMEWのホームページ




また、「色落ち」や「汚れ」にも強いようで、従来のシーリング剤と比較すると、
とにかくメンテナンスに強い建材になります。


ホームページの通り、このシーリングが30年持つならば、
非常に大きいメリットが出てくるのです。


それは、屋根のメンテナンスと同じ時期に、
シーリングのメンテナンス時期がくるということです。


平屋ならいざ知らず、2階建て、3階建ての戸建て住宅では、
屋根やシーリング、外壁のメンテナンスには、足場を建てる必要があります。


家の大きさにもよりますが、一般的に足場を組むだけで、
15万以上の費用がかかります。


ここに、人件費、材料費などがプラスされます。


屋根とシーリング、外壁のメンテナンスが、同時にできるなら、
足場代も一回で済みます。


15万以上のメンテナンス費用の節約になります。


そして、平均的なシーリングが10年に一度のメンテナンスと考えると、
30年あたりで、メンテナンス費の差額が、数十万。


合わせると、50万~100万の違いになってきます。


これが、家を持ち続ける限り、続くわけですから、
「スーパーKMEWシール」の有効性たるや、すごいですよね。


KMEWに遅れて、外装メーカーのニチハが、

「プラチナシール」
というシーリング剤を売り出しています。


が、KMEWの模倣品、という感は否めません。


性能的には近いようですが。



ちなみに、スーパーKMEWシールも、プラチナシールも、
家一軒分で、おおよそ十数万~数十万ほどの価格がかかります。
*外壁の形状や大きさによります。


最近では、標準仕様にしている工務店・ハウスメーカーが多いようですが、
建てられる住宅メーカーに確認をされると良いかと思います。


泉北ホームは、KMEWの外壁にすると、無料で
スーパーKMEWシールになるそうなので、かなりお得感があります。


また、シーリングで、「スーパーKMEWシール」を、
外壁をKMEWの商品(親水セラ、光セラなど)にすると、


KMEWの保証期間が延びるようなので、シーリングと外壁は
同じ会社にしておく方が良いと思います。


というか、わざわざ住宅メーカーも、外壁とシーリング剤を
別メーカーの物にはしないと思いますが(*^_^*)



今日は高耐久のシーリング剤について、ご紹介しました。





2016年の記事は、これで最後です。


この1年、皆様のおかげでブログを書くことが出来ました。
感謝しています。


それでは、良いお年を!
byくろーばー











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。